お問い合わせ

menu

廃水・廃液をリサイクルしたい

廃水・廃液をリサイクルしたい

廃水・廃液から資源を回収し、
リサイクルを可能にするCDドライヤー

現在、多くの廃水・廃液は資源を含有したまま処分されています。本来こうした廃液・廃水は再利用ができるものもありますが、捨ててしまわなければならない背景には「取り扱いが難しい」という理由があります。
乾燥装置「CDドライヤー」なら、廃液・廃水を高速で乾燥させることによって資源となる含有物を粉体として回収し、リサイクルすることが可能です。処理コストの削減や資源販売による収益化などさまざまなメリットがありますので、ぜひ導入をご検討ください。

廃水・廃液を乾燥させて資源を回収

画像

廃液・廃水を乾燥させ、含有物を粉体化して回収するというリサイクル方法がCDドライヤーには期待できます。特に貴金属系やレアメタル系、製薬系の業界ではこの需要が多く、今後ますますその必要性が高まっていくことでしょう。

高機能・高効率なリサイクルを実現するCDドライヤー

含水量が高いままでは、廃液・廃水に含まれている資源を回収できません。現在普及している脱水機などは、あくまで「脱水」が目的です。そのため、廃液・廃水のリサイクルを行う場合には可能な限り高機能な乾燥装置が必要となります。

CDドライヤーは、廃液・廃水に含まれた水分を高機能・高能率で乾燥させることができる乾燥装置です。他の製品では回収しきれない金属や薬剤を乾燥・濃縮して取り出すことができるため、リサイクルはもちろん、それを販売して収益化することも可能です。処理コストの削減とエコロジーの両方を実現するため、企業様のビジネスに大きく貢献できます。

Pickup! 濃度を上げることで液体をリサイクル

廃液・廃水のリサイクルは、乾燥によって資源となる粉体を回収するケースだけではありません。不純物が混じっている廃液であっても、乾燥・濃縮させることで濃度を高め、液体そのものを再利用する場合もあります。
たとえば、生産工程の中で数パーセントに薄まってしまった原液を、乾燥・濃縮によって80%まで濃度を高めることにより、リサイクルが可能になったという事例もあります。いかに資源を無駄にしないかは、今後すべての企業様にとって課題となるでしょう。

エコ企業としてのPRにもご利用ください

画像

現在、世界中でエコロジーの大切さが叫ばれています。特に産業を手がける企業の場合、廃棄物や消費エネルギーの量が問題視されることも少なくありません。そのため、乾燥装置によって廃液・廃水のリサイクルを行っていることは企業のイメージに必ずやプラスとなるでしょう。費用対効果だけでなく、こうしたプロモーションに使えるのもCDドライヤーをご利用いただくメリットのひとつと言えます。

廃液・廃水から資源を取り出す(リサイクル)

Copyright 2015 All rights reserved NISHIMURA WORKS co., ltd.

  • telephone
  • mail
  • テスト依頼

乾燥装置・CDドライヤーならお任せ!株式会社西村鉄工所

Copyright 2015 All rights reserved NISHIMURA WORKS co., ltd.